医者

顔のたるみを改善しよう|エステと治療の違いをリサーチ

若返る方法

婦人

美容整形外科の手術とは

顔のたるみをなくしていく場合、最も効果が出やすい方法としては美容整形です。たるみをなくしていくための施術としてリフトアップ手術がありますが、下に垂れた頬や二重あご、そしてまるでブルドッグのような目の下のたるみに効果が期待できます。あまり目立たない顔のたるみであれば、サプリメントや化粧品、マッサージをやりなくしていくこともできますが、いき過ぎた顔のたるみですと他の方法をとらなければ厳しくなってきます。美容外科による顔のリフトアップ手術においては、側頭部・後頭部などに切開線を入れていき、たるみが生じて必要のない皮膚や筋組織をカットして引き上げるという施術方法を取り入れています。リフトアップ手術の良い点には何があるかというと、一番は目に見えて効果がわかりやすいということです。一回手術をすることにより、効果は長くに渡って継続していきます。全体のリフトアップ手術に関しては、こめかみから始まり耳の付け根、あるいは耳の下付近にかけてカットし、たるんだ皮膚・筋肉組織を引き上げていきます。この場合カットする面積が広くなるため、より若返ることが期待されます。それから、ポイントで行うリフトアップ手術ですが、耳の付け根付近を3センチから4センチ程度カットして引き上げます。全体でやっていくリフトアップ手術と比べてもカットするポイントが狭くなるため、手術した後の傷跡があまりわからないというのが良い点でもあります。目の下のたるみをなくしていく際には、下まつ毛の生え際でたるみをカットして縫っていきます。目の周囲に関しては皮膚の厚みがなく、傷口がきれいに治る確率が高いため、手術を受けた方にとっては満足しやすいのが特徴です。ただ、リフトアップ手術を行うとおよそ一週間はやや腫れが生じるため、個人差にもよりますが、その腫れが何日かは継続するものだと覚えておきましょう。これにより、美容整形外科を利用するのもひとつの手ですが、まずは日頃の予防をきっちりやっていくことが重要です。仮に、もし効果がはっきりしないようであれば美容整形外科を利用し、リフトアップ手術を行うことを考えてみましょう。